職業紹介:ゼロ編

 

ここでは新規作成する人に向け、ゼロ系列の特徴など基本的な紹介をします。

 


基本事項

ゼロ
職業群 神の子
職業系統 戦士
ステータス メイン:STR サブ:DEX
武器 アルファ:太刀 ベータ:大剣
補助武器 待機中のゼロの武器
転職推移 転職なし

 


基本システム

 

・Lv100スタート

ゼロはキャラ作成時、Lv100からスタートします。

他の職業のように転職はせず、特定のレベルに到達すると

新たなスキルを習得し、SPを割り振れるようになります。

そのため、上位スキルのレベルをすぐに上げたい場合はSPを使わずに取っておき、

上位スキルを習得したら一気にSPを使うというのも有効です。

 

・タイムフォース

ゼロはMPが存在せず、代わりにタイムフォース(TF)という数値を用いてスキルを発動します。

タイムフォースは最大値は100で時間で素早く回復し、

アルファはスキルで最大値や回復量が増加します。

TFが足りなくなるということはそうそうないので消費量は特に気にしなくていいかと。

 

・デュアルコンバット

ゼロはゼロ-アルファとゼロ-ベータの2人1組の職業であり、

アルファを操作している時にベータのスキルを使うとベータと入れ替わり、

ベータを操作している時にアルファのスキルを使うとアルファと入れ替わります。

この時、入れ替わった直後の3秒間は交代前のゼロがしばらく留まり、

交代後のゼロの攻撃に合わせてアシスト攻撃をしてくれます。

実質2人分の攻撃が重なるので高い攻撃力を持ちます。

 


特徴

 

・入れ替わりながらの戦い

アルファは移動を伴う攻撃が多くてクリティカル発動率や防御率無視が高く、

ベータはその場で行う攻撃が多くてスタンス確率や状態異常耐性が高くなっています。

そのため、狩りはアルファ、ボスはベータが向いている傾向にあるものの、

ずっと片方だけで戦うというのはあまりお勧めできません。

 

アルファが攻撃を当てると10回までクリティカル発動率が短時間上がり、

ベータが攻撃を当てると10回まで攻撃力が短時間上がるため、

それぞれ交互に動かした方が能力が上がり、

なによりアシスト攻撃があった方が断然ダメージ量が高くなるからです。

また、アルファとベータのHPとTFは独立しており、

待機中のゼロはHPとTFが自然回復するので

適宜交代しながら戦えば回復薬を使わずとも戦い続けることができるのです。

それぞれスキルに違いはあるものの、うまく使い分けるといいでしょう。

 


ラピスとラズリの強化

 

アルファの太刀であるラズリとベータの大剣であるラピスは

1枚の強化書で両方とも強化することができます。

2人1組でも強化費用が2人分かかるということはないので安心して強化が可能です。

破壊確率のある強化書で破壊された場合は潜在能力の付いていない標準値の武器が戻ってきます。

強化に失敗した場合はわざと破壊して強化し直すという手もあります。

 

また、ラピスとラズリは特定のレベルで成長し基礎能力が上昇します。

この時、成長前の強化状態を引き継ぐかどうか選択ができます。

引継ぎを行った場合は成長後の標準値に強化による上昇値が加算され、

引継ぎを行わない場合はアップグレード回数がリセットされ、標準値になります。

ここで重要なのが、ラピス4型とラズリ4型まではアップグレード回数が7なのに対し、

ラピス5型とラズリ5型以降になるとアップグレード回数が8に増えることです。

このため、ラピス・ラズリ5型になるまでは強化と引継ぎを行わず、

5型になってから強化を行うといいでしょう。

5型の時の強化に納得がいかなければ6型に、

6型で強化に納得いかなければ7型になる時に

引継ぎを行わなければいいのでもう2度チャンスを得られます。

 

潜在能力に関してはユニーク等級までならメルとウェポンポイント(WP)を消費して再設定することができます。

WPは鏡の世界のダンジョンの敵を倒すか特定のボスを討伐することで手に入ります。

基本的に鏡の世界でレベルを上げていれば大分溜まるので

無課金でも優秀な潜在能力を狙うことができます。

ただ、強化によって武器が破壊されると潜在能力も初期化されるので

潜在能力を再設定するのは武器の強化が完了してからが望ましいでしょう。

 


inserted by FC2 system