スキル解説:メカニック2次編

 

ここではメカニック2次のスキルについて説明します。

 


 

アドバンスドガトリングショット

画像

解説

前方の敵最大6体に銃撃を行う攻撃スキル。
ガトリングショットの上位スキルであり2次の狩りでの主力と言えるかと。

条件

ガトリングショットLv1以上

Lv1

ダメージ100%の6回攻撃、6体まで攻撃可

Lv5

ダメージ112%の6回攻撃、6体まで攻撃可

Lv10

ダメージ136%の6回攻撃、6体まで攻撃可

Lv15

ダメージ160%の6回攻撃、6体まで攻撃可

 

ホーミングミサイル

画像

解説

最大4体の敵に自動追尾ミサイルを発射する攻撃スキル。
このスキルの攻撃では反射ダメージを受けません。
ミサイルは1体につき1発ずつ飛んで行きます。
敵の数が4体未満であれば敵の数だけのミサイルが飛んでいきます。
このスキルは他の攻撃スキルの動作中にも使用できるため、
攻撃スキルと同時に使用すればダメージを増やすことができるでしょう。

Lv1

ダメージ210%

Lv5

ダメージ250%

Lv10

ダメージ300%

Lv15

ダメージ350%

 

メカニックマスタリー

画像

解説

銃の熟練度を上げ、攻撃力とクリティカル発動率、
クリティカルダメージも上げるパッシブスキル。
銃には元から熟練度が15%あるので、
スキルによりそれに上乗せされる形になります。
熟練度が上がることで最低ダメージが底上げされ、
ダメージが安定するようになります。

Lv1

銃の熟練度+14%、攻撃力+2、
クリティカル発動率+1%、クリティカルダメージ+1%

Lv5

銃の熟練度+30%、攻撃力+10、
クリティカル発動率+5%、クリティカルダメージ+3%

Lv10

銃の熟練度+50%、攻撃力+20、
クリティカル発動率+10%、クリティカルダメージ+5%

 

メカニックブースター

画像

解説

メタルアーマーの攻撃速度を2段階上げる補助スキル。
ブースターがあるとないとでは攻撃速度が大違いなので
メカニックマスタリーを習得する合間に5〜6ほど振っておくといいでしょう。
使用時の硬直が他職のブースターより大きいので注意しましょう。

条件

メカニックマスタリーLv5以上

Lv1

継続時間18秒

Lv5

継続時間90秒

Lv10

継続時間180秒

 

オープンゲート

画像

解説

グループメンバーも利用できる簡易ポータルを設置する移動用スキル。
オープンゲートは2つ設置することができ、片方のゲートに重なって上にキーを入力すると
もう片方のゲートがある場所に移動することができます。
ただし、移動すると2秒間再使用できず、
さらにゲート同士の距離が離れすぎている場合は移動することができません。
ゲートが2個出ている状態で新たにゲートを設置すると、最初に出したゲートが消滅します。
設置する場所を選べば移動が楽になるので狩りで使えるスキルです。

Lv1

ゲートの継続時間60秒

Lv5

ゲートの継続時間300秒

 

パーフェクトアーマー

画像

解説

ダメージを受けた際に、受けたダメージを増幅して
攻撃してきた敵に反射するオンオフスキル。
また、それとは別にメタルアーマーに乗っていると
確率でダメージを無効化する
パッシブスキル的な効果があります。
ダメージ反射はオンオフ切り替えが可能なので、
移動中はオフにし、狩りをする時に
オンにするといいでしょう。

条件

メタルアーマー:ヒューマンLv10以上

Lv1

スキル発動時:受けたダメージを120%に増幅して反射
パッシブ効果:1%の確率でダメージ無効化

Lv10

スキル発動時:受けたダメージを300%に増幅して反射
パッシブ効果:10%の確率でダメージ無効化

Lv20

スキル発動時:受けたダメージを500%に増幅して反射
パッシブ効果:20%の確率でダメージ無効化

 

ロボランチャー:RM7

画像

解説

固定砲台を設置する召喚スキル。
砲台は前方に敵が居る場合にのみ定期的に攻撃を行います。
持続時間が過ぎると自爆し、周囲の敵にダメージを与えます。
主にボス戦などでダメージ源になるかと。

Lv1

ダメージ110%、自爆ダメージ250%、継続時間32秒

Lv5

ダメージ150%、自爆ダメージ280%、継続時間40秒

Lv10

ダメージ200%、自爆ダメージ340%、継続時間50秒

Lv15

ダメージ250%、自爆ダメージ400%、継続時間60秒

 

フィジカルレーニング

画像

解説

永久的にSTRとDEXを上昇させるパッシブスキル。
手軽に攻撃力を上げることができます。

Lv1

STR+6、DEX+6

Lv5

STR+30、DEX+30

 


inserted by FC2 system