スキル解説:ハヤト2次編

 

ここではハヤト2次時代のスキルについて説明します。

 


 

三連斬・風

画像

解説

[通常姿勢]
最大5体の敵を攻撃する攻撃スキル。
基本的な性能は三連斬・疾と同じですが、威力・攻撃範囲共に増加しています。

条件

三連斬・疾Lv20

Lv1

1段目:ダメージ102%の2回攻撃
2段目:ダメージ104%の3回攻撃
3段目:ダメージ105%の4回攻撃

Lv10

1段目:ダメージ120%の2回攻撃
2段目:ダメージ140%の3回攻撃
3段目:ダメージ150%の4回攻撃

Lv20

1段目:ダメージ140%の2回攻撃
2段目:ダメージ180%の3回攻撃
3段目:ダメージ200%の4回攻撃

抜刀撃・風

画像

解説

[抜刀術]
単体の敵を攻撃する攻撃スキル。
基本的な性能は抜刀撃・疾と同じですが、威力・攻撃範囲共に増加しています。

Lv1

ダメージ204%の3回攻撃

Lv10

ダメージ240%の3回攻撃

Lv20

ダメージ280%の3回攻撃

 

武神招来

画像

解説

自身の能力を上げる補助スキル。
これ1つで最大HP・MP・攻撃力・移動速度・ジャンプ力と、様々な能力が上昇します。
このスキルによる攻撃力アップは薬や他のスキルと重複しますが、
移動速度とジャンプ力に関しては薬や他のスキルを上書きしてしまいます。

Lv1

最大HP・MP+1%、攻撃力+6、移動+1、ジャンプ力+1

Lv10

最大HP・MP+10%、攻撃力+10、移動+10、ジャンプ力+5

Lv20

最大HP・MP+20%、攻撃力+15、移動+20、ジャンプ力+10

 

飛燕

画像

解説

発動コマンド:↑>↑
回転しながら上方向に飛び上がる攻撃スキル。説明にはありませんが、実際には4回攻撃になっています。
コマンド入力で発動することができますが、キーに設定することも可能です。
スキルレベルに応じて飛ぶ高さが上昇し、空中発動することでかなり高い足場へも上ることができます。
自分の立っている場所から上方向に柱状に伸びる攻撃判定が発生し、近くに居る敵と真上に居る敵にダメージを与えます。
通常、飛び上がってそのまま着地すると硬直がかなり長くなりますが、
空中で三連斬もしくは断空閃や旋風斬や飛鴉を発動するか、
着地前に連刃斬を入力しておくと着地後すぐに発動して硬直をなくすことができます。
また、飛燕→三連斬と繋げた後は空中発動可能な攻撃スキルをすぐに発動できます。
飛燕→鷹爪閃と繋げればジャンプと飛燕だけでは届かない高さに上ることもできます。
飛燕を使用後の落下速度は通常よりも大分早くなっているため、
かなり高い場所から降りる場合は飛燕を発動しつつ降りた方が早くなる場合もあります。
発動コマンドの関係で、ポータルに入ろうとする際に暴発する可能性があるので注意しましょう。

Lv1

ダメージ76%の4回攻撃

Lv5

ダメージ100%の4回攻撃

 

秘剣・隼

画像

解説

刀の攻撃速度を2段階上げる補助スキル。要は他職で言うブースターです。
あるとないとでは攻撃速度が大違いなので早めに3?4ほど振っておくといいでしょう。

Lv1

攻撃速度2段階上昇、継続時間20秒

Lv5

攻撃速度2段階上昇、継続時間100秒

Lv10

攻撃速度2段階上昇、継続時間200秒

 

秘剣・斑鳩

画像

解説

クリティカルダメージを
上昇させるパッシブスキル。
抜刀術を発動していたり、昇流旋から断空閃を
連携する場合のダメージアップを狙えます。

Lv1

クリティカルダメージ+3%

Lv5

クリティカルダメージ+5%

Lv10

クリティカルダメージ+8%

 

飛竜斬

画像

解説

前方の敵最大6体を斬り払う攻撃スキル。
命中した敵を空中に打ち上げる効果があります。
打ち上げた後は鷹爪閃で追撃することができます。
上方向の範囲が広く、空中発動もできるので高い場所に居る敵を攻撃できます。

Lv1

ダメージ156%の3回攻撃

Lv5

ダメージ160%の3回攻撃

Lv10

ダメージ165%の3回攻撃

Lv15

ダメージ170%の3回攻撃

 

鷹爪閃

画像

解説

飛び上がってから前方の敵最大8体に向けて急降下攻撃を行う攻撃スキル。
飛竜斬から連携発動ができ、浮かせた相手をうまく追撃することができます。
また、飛び上がってから前方に急降下するという性質上、ジャンプでは届かないが飛燕では飛びすぎるという高さの足場にうまく乗ることができます。

Lv1

ダメージ128%の6回攻撃

Lv5

ダメージ140%の6回攻撃

Lv10

ダメージ155%の6回攻撃

Lv15

ダメージ170%の6回攻撃

 


inserted by FC2 system