熟練度を稼ごう:アクセサリー製作編

 

ここではアクセサリー製作の熟練度を効率良く上げることを考えます。

 


アクセサリー製作とは

アクセサリー製作は採掘師が作成した鉱石・宝石と錬金術師が得たアイテム結晶を用いて

イヤリング、指輪、ベルト、ペンダント、顔飾り、肩飾りと言ったアクセサリー部位の装備を作り出す専門技術者です。

その性質から採掘師が居なければ何もできず、

錬金術師とも結びつきが強い存在と言えるでしょう。

 

アクセサリー製作が熟練度を上げる手段はアクセサリーの製作のみです。

製作する度に疲労度が増え、疲労度が200になると製作できなくなるので

疲労度と兼ね合いをしながら熟練度を稼ぐ必要があります。

疲労度はログアウト状態の時間経過で回復します。

 


熟練度稼ぎ:Lv1

Lv1では銀、オパールを用いた装備が適正です。

銀、オパールより上のランクの鉱石は等級が1つ上がることに熟練度上昇値が多くなりますが、

装備作成の成功率が著しく下がります。

よって、銀とオパールを多く用意しておくといいでしょう。

 

熟練度上げに有効な装備

・ディフェンスリングT、ニンブルリングT 材料:銀×1、下級研磨剤×1

 銀を用いて作成する指輪。

 多数ある装備種のうち、指輪は作成に必要な材料が最も少なく、

 その中でもディフェンス、ニンブル、百発百中、力持ちの系統はアイテム結晶すら必要としません。

 よって、熟練度稼ぎに集中したい場合は指輪を作成するのが有効と言えるでしょう。

 ただ、指輪はアップグレード数がなく潜在能力が付かないので

 潜在能力が欲しい場合はイヤリングなどを作成するといいでしょう。

 

・百発百中の指輪T 材料:オパール×1、下級研磨剤×1

 オパールを用いて作成する指輪。

 作成した指輪は錬金術師で分解・合成に使用するのもいいでしょう。

 


熟練度稼ぎ:Lv2

Lv2になるとオリハルコン、紫水晶を用いた装備が成功率100%となります。

ここからはオリハルコンと紫水晶を多く用意しましょう。

オリハルコンと紫水晶までは原石2個で鉱石1個に精錬することができるので、

時間を気にしないのであれば等級が上がり続けてもこの2つだけで熟練度を稼ぐという手もあります。

 

熟練度上げに有効な装備

・ディフェンスリングU、ニンブルリングU 材料:オリハルコン×1、下級研磨剤×1

 オリハルコンを用いた指輪。

 必要な材料が少ない種類の指輪を覚えておくといいでしょう。

 

・百発百中の指輪U 材料:紫水晶×1、下級研磨剤×1

 紫水晶を用いた指輪。

 手持ちの鉱石に応じて上記と併用するといいでしょう。

 


熟練度稼ぎ:Lv3

Lv3になると鋼鉄、サファイアが適正となります。

ここからは鋼鉄とサファイアを多く用意しましょう。

 

熟練度上げに有効な装備

・力持ちの指輪T、百発百中の指輪V 材料:鋼鉄×1、下級研磨剤×1

 鋼鉄を用いた指輪。

 力持ちの指輪は熟練度稼ぎだけでなく装備としても優秀なので

 取っておくと新キャラ育成の時に役立つかもしれません。

 

・ニンブルリングV 材料:サファイア×1、下級研磨剤×1

 サファイアを用いて作成する指輪。

 こちらも鋼鉄が必要な指輪と併用するといいでしょう。

 


熟練度稼ぎ:Lv4

Lv4になるとアダマンティウム、青銅が適正となります。

ここからはアダマンティウムと青銅を多く用意しましょう。

 

熟練度上げに有効な装備

・力持ちの指輪U 材料:アダマンティウム×1、中級研磨剤×1

 アダマンティウムを用いた指輪。

 ここからは中級研磨剤が必要になりますが、やる事は以前と同様です。

 力持ちの指輪TとUは同時装備できるので機動力確保にも役立ちます。

 青銅を用いる指輪は総じてアイテム結晶が必要になるため、

 アダマンティウムの方が有用かもしれません。

 


熟練度稼ぎ:Lv5

Lv5になるとミスリル、エメラルド、クリスタル(素早さ)が適正となります。

ここからは上記3つを多く用意しましょう。

 

熟練度上げに有効な装備

・体力の指輪U 材料:クリスタル(素早さ)×1、中級研磨剤×1、中級アイテム結晶×1

 クリスタル(素早さ)を用いた指輪。

 Lv5で適正の装備にはアイテム結晶を使わない系統の指輪が存在しないため、

 必要な材料が最も少ない指輪でも結晶が1つは必要になります。

 これを作成したら錬金術師で分解して結晶をリサイクルするのがいいかもしれません。

 

・魔力の指輪U 材料:エメラルド×1、中級研磨剤×1、中級アイテム結晶×1

 エメラルドを用いた指輪。

 クリスタル(素早さ)の在庫に合わせて併用するといいでしょう。

 どちらもミスリルを用いないのでミスリルが貯まってしまうのが困り物かもしれません。

 


熟練度稼ぎ:Lv6

Lv6になると金、トパーズが適正となります。

ここからは金とトパーズを多く用意しましょう。

 

熟練度上げに有効な装備

・力持ちの指輪V、ニンブルリングW 材料:金×1、中級研磨剤×1

 金を用いた指輪。

 再びアイテム結晶を使わない系統の指輪が作れるので楽になります。

 力持ちの指輪Vはそれ自体の性能もいいので良品が出たら取っておくといいでしょう。

 

・百発百中の指輪W 材料:トパーズ×1、中級研磨剤×1

 トパーズを用いた指輪。

 金の在庫に合わせて併用するといいでしょう。

 


熟練度稼ぎ:Lv7

Lv7になるとダイヤモンド、アクアマリンが適正となります。

ここからはダイヤモンド、アクアマリンを多く用意しましょう。

 

熟練度上げに有効な装備

・鋭い百発百中の指輪T 材料:ダイヤモンド×1、高級研磨剤×1

 ダイヤモンドを用いた指輪。

 アイテム結晶を使わない系統の最後の指輪です。

 ダイヤモンドを多く確保しておけばLv8以降もお世話になるかと。

 


熟練度稼ぎ:Lv8〜10

Lv8以降のアクセサリーはアイテム結晶を多く必要とするだけでなく、

製作時に疲労度が10増える上に一度製作すると15分経過しないと

再び製作することができないので時間当たりの熟練度上昇量と疲労度の増加が割に合いません。

よって、適正Lvが7の指輪を中心にして熟練度を稼ぐべきでしょう。

ダイヤモンドが足りないのであればそれ以前のLvの指輪を作るのも有効です。

 


熟練度稼ぎ:Lv10以降

職人、名匠を目指す場合は適正Lvが8以降の装備を制作しなければ熟練度が上昇しません。

また、Lv10以降の熟練度は最後に熟練度を上げてから一定時間

熟練度が上がる製作をしていないと減少していきます。

職人以上にする場合は定期的に製作をして熟練度を維持するべきかと。

 

熟練度上げに有効な装備

・ブランド印章 材料:リチウム×5、クリスタル(幸運)×5、最上級アイテム結晶×1

 1日1個しか作れないものの必要な材料の少なさの割に熟練度上昇量が多いです。

 1日1回の稼ぎに使えるかと。

 

・鋭い百発百中の指輪U 材料:闇のクリスタル×1、上級アイテム結晶×10、高級研磨剤×1

・知恵の指輪W 材料:黒水晶×2、上級アイテム結晶×10、高級研磨剤×1

 レシピを必要とせず作成できる指輪。

 アイテム結晶を10個ずつ使ってしまうので職人以上を目指す場合は十分な準備が必要かと。

 

・シャイニーシンボル青系 材料:黒水晶or闇のクリスタル×2、最上級アイテム結晶×6、高級研磨剤×2

 レシピを必要とせず作成できる顔飾り。

 最上級結晶を多く持っているならこちらを作るのがいいかと。

 

・マイスターシンボル灰系 材料:シンボル灰系×1、下級呪文の浄水×15、最上級アイテム結晶×20、最高級研磨剤×1、賢者の石×3、

 職人になると作成できる顔飾り。

 必要な材料の割に熟練度上昇量が多く、コストパフォーマンスに優れています。

 ただ、材料のシンボル灰系にLv5鉱石4個と中級アイテム結晶8個が必要なのでそちらの準備も必要です。

 

・ゴールドラベルナイトベルト 材料:次元の欠片×50、魔法のパウダー(紫)×1、最上級アイテム結晶×5、最高級研磨剤×3

・ゴールドラベルナイトショルダー 材料:次元の欠片×50、魔法のパウダー(紫)×2、最上級アイテム結晶×5、最高級研磨剤×3

 ゴールドラベルシリーズの装備は疲労度の上昇量が多いものの

 熟練度上昇量が多い上に製作しても待機時間が発生しません。

 材料さえ用意できれば素早く熟練度を稼ぐことができます。

 レシピはゼロを育成しタイミックコインで購入する必要がありますが、

 一度レシピを使ってしまえば何度でも作成が可能です。

 


アクセサリー製作は等級が上がればより強力な装備が作成できるようになります。

その時のためにも材料を節約しつつうまく熟練度を稼ぐといいでしょう。


inserted by FC2 system