スキル解説:プリースト編

 

ここではプリーストのスキルについて説明します。

 


 

ディスペル

画像

解説

自分を含め、グループメンバーの全ての状態異常を解除する回復スキル。
このスキルは封印状態でも使用することが可能です。
グループメンバーの状態異常を解除すると、
その数に応じてこのスキルとディバインプロテクションの待機時間が減少します。
そのため、自分への状態異常をディバインプロテクションで防ぎ、
味方にかかった状態異常を解除することですぐに
ディバインプロテクションを再使用できるようにする、というサイクルが可能になります。
また、効果範囲内に居る敵の攻撃無効化・反射以外の能力アップ状態を解除することもできます。
ただし、敵にかけられるのは(5-範囲内のグループ員の数)体までなので、
範囲内に味方が5人全員固まっていると敵にディスペルがかからなくなります。

Lv1

10%の確率で状態異常と能力アップを解除、待機時間8秒
グループメンバーの状態異常を解除時1人あたり
ディスペルの待機時間-4秒・ディバインプロテクションの待機時間-60秒

Lv5

50%の確率で状態異常と能力アップを解除、待機時間8秒
グループメンバーの状態異常を解除時1人あたり
ディスペルの待機時間-4秒・ディバインプロテクションの待機時間-60秒

Lv10

100%の確率で状態異常と能力アップを解除、待機時間8秒
グループメンバーの状態異常を解除時1人あたり
ディスペルの待機時間-4秒・ディバインプロテクションの待機時間-60秒

 

ミスティックドア

画像

解説

現在地と帰還書を使った場合に移動する位置とを繋ぐポータルを設置する移動スキル。
このポータルは自分を含めグループメンバーも使用できるため、
ボス戦などをする時にプリーストが一足先に
現地に到着すれば参加者全員を運ぶことができます。
また、スキルレベルが高ければ装備欄、ETC欄が満杯になった時に
町へ行って店売りし、そのまま狩場に戻ることもできます。

条件

ディスペルLv3以上

Lv1

20秒間ポータル設置

Lv5

100秒間ポータル設置

Lv10

200秒間ポータル設置

 

ホーリーシンボル

画像

解説

自分を含め、グループメンバーの敵討伐時の獲得経験値を増加させる補助スキル。
無条件で経験値が最大1.5倍になるのでレベルが上がりやすくなります。
経験値上昇量は奇数レベルで1%、偶数レベルで2%伸びる模様です。
使用時の硬直が長いため、梯子やロープにつかまって使用するのがいいでしょう。

条件

ディスペルLv3以上

Lv1

モンスター討伐時の獲得経験値+21%、継続時間69秒

Lv10

モンスター討伐時の獲得経験値+35%、継続時間150秒

Lv20

モンスター討伐時の獲得経験値+50%、継続時間240秒

 

シャイニングレイ

画像

解説

聖属性の光で周囲の敵最大6体を4回攻撃する攻撃スキル。
気絶効果を持ち、前後の敵を同時に攻撃できるので敵の群れの真ん中で真価を発揮します。

Lv1

ダメージ159%の4回攻撃・聖属性、22%の確率で3秒気絶

Lv10

ダメージ204%の4回攻撃・聖属性、40%の確率で4秒気絶

Lv20

ダメージ254%の4回攻撃・聖属性、60%の確率で5秒気絶

 

テレポートマスタリー

画像

解説

テレポートの消費MPを増やす代わりに
テレポートでの到達点の周辺に攻撃判定を発生させるオンオフスキル。
またそれとは別にテレポートの移動距離を
増加させるパッシブスキル的な効果があります。
テレポートで敵を攻撃できるようになるため、
攻撃スキルの硬直中にテレポートを使うことで
攻撃スキル1回で倒せない敵をスムーズに狩ったり、
ボス戦でのダメージアップが狙えます。
このスキルを使用する度にダメージを与える効果の
オンオフ切り替えができ、テレポートの移動距離増加はオンオフ関係ないので
移動中にはオフにし、狩りをする時だけオンにするといいでしょう。

条件

テレポートLv5

Lv1

スキル発動時:テレポートの消費MP2増加、
テレポート使用時ダメージ250%、6体まで攻撃可、35%の確率で2秒気絶
パッシブ効果:テレポートの移動距離2増加

Lv5

スキル発動時:テレポートの消費MP10増加、
テレポート使用時ダメージ290%、6体まで攻撃可、55%の確率で3秒気絶
パッシブ効果:テレポートの移動距離10増加

Lv10

スキル発動時:テレポートの消費MP20増加、
テレポート使用時ダメージ340%、6体まで攻撃可、80%の確率で4秒気絶
パッシブ効果:テレポートの移動距離20増加

 

ホーリーフォーカス

画像

解説

魔法攻撃の熟練度をさらに上げ、
クリティカル発動率も上げるパッシブスキル
熟練度上昇量はマスタリーを上書きします。
与えるダメージがさらに安定するようになり、
クリティカルも出やすくなるので
総合的なダメージアップに繋がります。
3次序盤に早めに上げるべきスキルでしょう。

条件

スペルマスタリーLv10

Lv1

杖・棒の熟練度+57%、
クリティカル発動率+4%

Lv5

杖・棒の熟練度+63%、
クリティカル発動率+20%

Lv10

杖・棒の熟練度+70%、
クリティカル発動率+40%

 

ホーリーマジックシェル

画像

解説

自分を含めグループメンバーのHPを回復させ、
一定回数ダメージを無効化するバリアを張る補助スキル。
このスキルの回復量は装備補正・スキル補正を除いた素のHPに依存します。
バリアはあらゆるダメージを無効化し、ダメージ+状態異常の攻撃でも状態異常を防いでくれます。
ただし、一度ホーリーマジックシェルを使うと、一定時間の間、
他のプリーストがホーリーマジックシェルを使ってもバリアが発動しません。
ホーリーマジックシェルによる回復はアンデッド状態でも問題なく回復できるため、
アンデッド状態かつ薬が使用できない状態に陥った時に味方を護ることができます。

Lv1

HP100%回復、ダメージを5回まで無効化するバリア発生、継続時間10秒、待機時間90秒、
使用後90秒間バリア再発動不可

Lv10

HP100%回復、ダメージを7回まで無効化するバリア発生、継続時間15秒、待機時間90秒、
使用後60秒間バリア再発動不可

Lv20

HP100%回復、ダメージを10回まで無効化するバリア発生、継続時間20秒、待機時間90秒、
使用後30秒間バリア再発動不可

 

マジッククリティカル

画像

解説

クリティカル発動率とクリティカル
ダメージを上げるパッシブスキル。
ホーリーフォーカスと合わせて
クリティカルがさらに出やすくなるので
総合的なダメージアップに繋がります。

Lv1

クリティカル発動率+12%、
クリティカルダメージ+4%

Lv5

クリティカル発動率+20%、
クリティカルダメージ+8%

Lv10

クリティカル発動率+30%、
クリティカルダメージ+13%

 

ホーリーファウンテン

画像

解説

一定時間聖なる泉を設置する召喚スキル。
自分とグループメンバーは泉の下で↑キーを押すとHPを回復することができます。
この回復はアンデッド状態でも受けることができ、時間が経つか一定回数回復すると泉は消滅します。
味方が分散していてプリーストが常に側に居られない状況や、
アンデッドを使ったり薬の使用に制限があるボス戦などで設置しておくといいでしょう。

Lv1

使用時HP13%回復、11回使用可能、継続時間33秒、再使用待機時間87秒

Lv5

使用時HP25%回復、15回使用可能、継続時間45秒、再使用待機時間75秒

Lv10

使用時HP40%回復、20回使用可能、継続時間60秒、再使用待機時間60秒

 

ディバインプロテクション

画像

解説

万病治療薬で治せない状態異常を1回だけ無効化するバリアを張る補助スキル。
また、それとは別に状態異常耐性と属性耐性を上げるパッシブスキル的な効果もあります。
状態異常がかかる際には先に状態異常耐性で防げるかの判定が行われ、
耐性で防げなかった場合にのみバリアの効果が発揮されます。
バリアが消失すると待機時間が始まり、ディスペルで
グループメンバーの状態異常を治すと待機時間の終了を早めることができます。

Lv1

スキル使用時:状態異常を1回防ぐバリア生成、待機時間405秒
パッシブ効果:状態異常耐性+4・属性耐性+4%

Lv5

スキル使用時:状態異常を1回防ぐバリア生成、待機時間305秒
パッシブ効果:状態異常耐性+20・属性耐性+20%

Lv10

スキル使用時:状態異常を1回防ぐバリア生成、待機時間180秒
パッシブ効果:状態異常耐性+40・属性耐性+40%

 


inserted by FC2 system